!!!里親決定!!!


カズヨさんネットワークで、2匹揃って貰われていきました☆なんと、その時たまたまカズヨさんが保護していた同じくらいの大きさのキジちゃんと3匹揃ってお嫁入りしました☆★☆

新しい名前は、茶「ゆずちゃん」「麦ちゃん」「うめちゃん」みんな◯◯焼酎だそうです〜

可愛さでメロメロに酔っぱらいそうですにゃっ♬


お声かえに協力くださったみなさま、ありがとうございました☆



2015.5 

えらいこっちゃ==333

 

ミルママさんから慌てた声で電話。

「取り引きのある車屋さんの営業さんから、車の中から猫の声がすると言ってお客さんから見て欲しいと言われて点検したらエンジンの中から子猫が二匹でてきたそうで、どうしたらいいでしょうか」と。

はあ?なんでそんなとこに。。。

とにかく、容態を聞くとかなり小さいコらしくて目ヤニで目があいてないとのこと。

となるとこまめに栄養補給して投薬して様子をみてくれるボランティアさんを探さねば。 

思いつくのはカズヨ隊長のみ。しかし、カズヨさん家には今、保護した子猫が7匹もいる。プラス家猫7匹。保護猫3匹。外猫30匹以上。ただでさえ大変なのに、無理を承知でゴリオシお願いしてみる。

「連れてきてください〜☆」と。やっぱりカズヨ大明神や。有り難い。ほんまに有り難い。

カズヨさんが猫を引き受けてくださった時刻は夜で、かかりつけの動物病院は閉まっていたが、2匹をみて「これはアカン、すぐ病院や」と思い、夜遅くまで診察している病院へ駆け込んでくださった。

カゼとひどい結膜炎で真っ赤。鼻水ずるずる。抗生剤と点滴治療を受けて帰っきた2匹。あと数時間遅れていたらどうなっていたことか。


車の持ち主は猫を取り出した後はさっさと帰ったらしい。

営業所の人たちも全員「この営業所の誰も無理なんです」らしい。

何がどう無理やねん?何か自分でできることはこれ以上ないってくらい最大限努力したん?

目の前の瀕死の猫を今夜一晩くらい自分がなんとかしてやろうとは思わんのん?

 

丸投げ相談してくる人に毎回思う。なんでそんな無責任なん?

しかも「保健所に連絡するしかないですかね」と脅しみたいな台詞言う!そりゃ言うたらアカンやろ〜と毎回思う。じゃぁ、お前も道づれで保健所行く覚悟で言うてるんやろな?と怒りがこみ上げる。

私らは猫の回収業者でもなんでもない。ただ猫が好きなだけなのに。 

 

 

カズヨさんの的確な判断とお世話でなんとか1週間が経過。自分で食事も摂れるようになってきた。

目はまだ、目ヤニでガビガビだけど、人にすぐくっついてくる可愛い子猫2匹。


少し先になりますが、このこたちの里親さんを募集します☆


お見合い話もあり、まとまりかけた翌日、カズヨさんからあわてた声で電話。

「夕べからしんどそうにしてるからおかしいな、と思ったので病院行ってきましたら、40°の熱があり、肺炎おこしていました。インターフェロンを注射してきたので様子みますね」との事。

さすがカズヨさん。ほんとに大明神や〜。

もともと酷いカゼをひいていた状態だったので、こじらせてしまったのかもしれません。

この頃の子猫はすぐに体調を崩しがちなので、ヒヤヒヤします。



概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
Ⓒ 2010 dot tails. All rights reserved.